家庭礼拝の推奨について

2021年5月9日更新

教会員の皆様へ                                
主の御名を賛美いたします。
石川県では5月6日「非常事態宣言」が発出されました。(~5月31日まで)コロナ感染者数が4月は3月の10倍になっていること、病床を100床増やしたにもかかわらずすでに逼迫していること、今後もさらに増え続けることが予想されること、変異株が4月は74%にも上っていること等危機的な状況にあるからです。
石川県は「人と人との接触の回避」をお願いします!と呼びかけています。
金沢元町教会では石川県の感染状況を鑑み、5月2日より家庭礼拝推奨、祈祷会等集会は中止という判断をいたしました。
新型コロナウィルスの変異株についての情報を共有しつつ、今後の見通しについて連絡したいと思います。
・変異株は従来のウィルスより感染力が1.5倍強く重症化しやすい。
・高齢者だけでなく40代、50代が感染し、重症化しやすく、また治るまでの期間が長い。
・感染経路不明者が多く、ウィルスの市中感染が広まっている。
このような状況ですので、私たちは、誰でも、いつでも、どこででも、感染する可能性が高くなっています。危機感をもってお過ごしください。
また、これまで同様、感染した方を責めたり、差別したりするのではなく、感染者およびそのご家族の平安と快復を祈り続けましょう。
 
もし本人やご家族の方が感染した場合、もしくは濃厚接触者と言われた場合はできましたら大澤牧師(あるいは連絡しやすい長老)にご一報くださいますようお願いいたします。
個人名は本人の希望なく口外することは絶対ありません。ただし一人暮らしの方で牧師のほかにもヘルパーセンターへ連絡する等手助けが必要な場合、コロナ対策委員ができることをさせていただきます。
なお、感染リスクが高い濃厚接触者、および接触者の定義は以下のようです。
接触者とは…感染者に直接接触した人。くしゃみ等をした手で触れたものに接触した人。
濃厚接触者とは…マスク・手指の消毒なしに、発症の2日前から1メートル以内で15分以上接触していた人。
 
教会では受付周りが特に濃厚接触しやすいと思いますので、対策を考えています。消毒・換気等感染対策を再度練り直し、1日も早く会堂での礼拝を再開できますよう工夫をこらしていきたいと思いますので、もうしばらくお待ちくださいますようお願い致します。
                      金沢元町教会 長老会

 

 

 

 

家庭礼拝の推奨について

金沢元町教会長老会はコロナウイルスの感染拡大に伴い、2021年5月2日主日礼拝より家庭礼拝を推奨します。教会堂での祈祷会は4月28日祈祷会より中止といたします。
教会学校・祈祷会・集会等もしばらく中止とします。
家庭礼拝推奨期間中はYoutubeやホームページで音声礼拝を配信いたしますのでご利用ください。
なお、石川県のコロナ感染状況を検討して教会堂での礼拝再開を決定し、お知らせいたします。
何かお困りのことがあれば、牧師・長老までお知らせください。